全戸光回線導入でマンションの空室ゼロへ

若い人にとって、今やマンションに光回線が導入されていることは当たり前になています。マンションのオーナーは、空室率を減らすために、光回線の導入を真剣に考えなければいけません。

入居者にとって、自分の入居しているマンションで光回線を引くには制約がある場合が多いです。光ファイバーを引き込むために、壁などに工事をする必要が出てくる場合もあって、オーナーが許していないこともあります。しかし、一方で入居者は光回線を望んでいるので、光回線の導入されている他のマンションに移ってしまいます。入居者をつなぎとめておくには、全戸に光回線を導入する工事を行うのが得策です。全戸に光回線を導入する方が、個々に導入するより工事は少なく安くなります。

新たにマンションを建てる時には、最初から全戸に光回線を引き込む設計をしておけば、入居者獲得につながり、空室を減らすことになります。

マンションの全戸に光回線導入

マンションの全戸に光回線を導入して、無料でインターネットを利用できるようにすることが、これからのマンション経営のキーポイントとなります。

インターネット無料のマンションの魅力

集合住宅の主な入居者である20~40代の世代の96%以上がインターネットを利用しています。

またこの世代は、インターネット料金に大きな関心を持っており、入居者に人気の設備では、単身者向け物件で「インターネット無料」が1位にランキングされています。

さらに「あれば家賃が高くても選びたい設備」として、「インターネット無料」が単身男性では1位、単身女性では2位(1位は「エントランスのオートロック」)となっています。

入居者目線で考えると、高品質なインターネット設備の導入が満室経営のキーポイントです。インターネット設備、それは固定回線でいえば「光回線」です。

インターネット無料マンションは投資と考える

インターネット無料のマンションはどうしたら実現できるでしょう。そのためには、オーナーの投資が必要です。光回線を引き込む工事料金の初期投資と、月々の使用料の支払いがオーナーに発生します。これを投資と考えて、それで空室がゼロになれば収益は格段に増加します。

それでは光回線を導入しましょう

マンションのオーナーが光回線を導入するといっても具体的にどうすればよいのでしょう。しかもお手頃な価格で導入するにはどうすればよいでしょう。手っ取り早いのは、このような専門の業者に任せることです。

インターネット無料マンション

光回線は、「フレッツ光」という、NTT東日本、NTT西日本の提供している、日本で最も多く使われているものです。回線速度も最大で1Gbpsという、日本で最速の回線です。

居住の有無にかかわらず全戸数に導入することになりますので、空室であっても月額利用料金が発生することを留意してください。

オーナーが提供するのは光回線だけです。居住者は、OCN、BIGLOBE、So-netといったISN(インターネットサービスプロバイダ)と別途契約を結び、月々のプロバイダ料金を払う必要があることを入居者に明確にしておく必要があります。これらの料金込みのインターネット無料と考えている入居者もいるかもしれません。

33 total views, 1 views today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする