ホームページ作成に役立つ情報いろいろ

自分のホームページを作りたい人多いと思います。ホームページ作りには何が必要でしょうか。まずサーバーが必要です。でも自分で作るのは専門の知識と経験が必要ですし、労力もかかります。そこで、レンタルサーバーを借りるということになります。レンタルサーバーにも有料と無料があります。無料はいつサポートが終わるかもしれないので心配です。試しに使うのはいいとして、やがて有料のしっかりしたレンタルサーバーに移行したいでしょう。

サーバーが整ったら今度はドメインですね。レンタルサーバーでもドメインを作成してくれますが、やはり独自のドメインを取得したいものです。

ネットショップを運営するのでしたら、セキュリティが重要です。そのためには、SSL証明書を取得して、自分のサイトが安全であることを証明しなければいけません。

そんなこんなで、あれこれとやることはいっぱいありますね。ここでは、これらを整理して、何が自分の目的にあった選択か判断するための情報を提供しましょう。

レンタルサーバー

ブログやホームページを公開するには、サーバーが必要になります。

サーバーには、オペレーティングシステム、データベースの他にさまざまなソフトやツールが必要になります。サーバーを自分で作ろうとしたら、高い専門知識と経験が必要になります。サーバーを運用・保守する管理も大変です。これらのサーバーの構築・運用・管理を代わりにやってくれるのがレンタルサーバーです。

レンタルサーバーにも有料と無料があります。

無料レンタルサーバー

無料レンタルサーバーには次の特徴があります。

  • 広告が表示される
  • 使用できる容量が少ない
  • PHPやMySQLといったアプリが使えないことが多い

PHPとMySQLが使えないと、Wordpressを使用することができません。有料オプションでは使えるものがあります。

ほぼすべての無料レンタルサーバーの会社は、有料のオプションも用意していて、将来こちらに移行することを意図しているようです。

それに何といっても無料ですから、信頼性も落ちますし、サポートをやめる場合があります。試しに使ってみるとか、いつ消滅してもかまわないような趣味のサイトに使うべきで、本格的なサイトには向かないと考えた方がよいでしょう。

その無料レンタルサーバーの中でも、比較的信頼できそうなものを紹介します。

サーバー名 Xdomain HTMLサーバー Star Server Free XREA Free 忍者ホームページ Hostinger
URL https://www.xdom
ain.ne.jp/server/
https://www.st
ar.ne.jp/free/
https://www.
xrea.com/
http://www.ni
nja.co.jp/hp/
https://www.ho
stinger.jp/free-hosting
運営
会社
エックスサーバー株式会社 ネットオウル株式会社 株式会社GMOデジロック 株式会社サムライファクトリー Hostinger社(海外)
最大
容量
1GB 1GB 1GB 500MB
PHP
MySQL
なし
なし
あり
あり
あり
あり
なし
なし
あり
あり
広告
表示
なし あり あり あり なし
独自ドメイン 設定可能 設定可能 設定可能 設定可能 設定可能
備考 PHP、MySQLのないプランは広告表示なし

独自ドメイン

Webサイトを作る時、最初は一部にサーバー名の入ったドメインが作られるが、自分でドメインを取得して設定することができる。「設定可能」とはこのことをいう。

有料レンタルサーバー

次に有料のレンタルサーバーの紹介をします。

有料レンタルサーバーは、ほとんどすべてPHP、MySQL他のツールが充実していますので、もちろんWordpressでサイトを作ることができます。

メールアドレスも複数作成できます。

ここでは個人向けの料金の安いプランを紹介しますが、どの有料レンタルサーバーでも、この上のビジネスプランなど料金の高いプランもあります。

無料SSLについて

無料でSSLという暗号化の設定をすることができます。この設定をすると、http://の代わりに、https://というURLになります。
Google では、2018年7月から、Google Chrome でSSL化されていないサイトのURLの頭に、「保護されていない通信」という表示をするようになりました。SEO上も不利になります。

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ

運営会社:さくらインターネット株式会社

プラン名 月額料金 初期費用 容量 マルチ
ドメイン
無料SSL 備考
ライト 129円 1,029円 10GB 20 PHP、MySQLなし
スタンダード 515円 1,029円 100GB 100

いずれも無料お試し期間があります。

☆お薦めのポイント

1996年創業、東証一部上場企業のさくらインターネットのサービスで、老舗ならではの高い認知度とサーバ稼働率も99.99%と安定しています。手頃な価格と多機能、コストパフォーマンスで、利用件数は40万件を突破しています。
さらに18年4月に機能をリニューアルし、速度が大幅に向上しています。
高速化の詳しい内容は https://www.sakura.ne.jp/speedup/
初心者にもわかりやすく安心なサポート体制とマニュアル類が整備されています。

このサイトも、さくらのレンタルサーバ スタンダードを使用しています。

ロリポップレンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

運営会社:GMOペパボ株式会社

プラン 月額料金 初期費用 容量 マルチ
ドメイン
無料SSL 備考
エコノミー 100円 1,500円 10GB 10
(ドメイン毎)
PHP、MySQLなし
ライト 250円~ 1,500円 50GB 50
(ドメイン毎)
スタンダード 500円~ 1,500円 100GB 100
(ドメイン毎)

いずれも無料お試し期間があります。

☆お薦めのポイント

有料レンタルサーバーの中では安い価格と思います。誰でも簡単に手軽にWebサイトを作れるので評判が高いです。個人のオリジナルブログや、会社の簡単なHPを作るのにお薦めです。機能的にも価格以上にそろっていて、安全性も高いです。

クイッカ(Quicca)

クイッカ

運営会社:株式会社エムフロ

プラン 月額料金 初期費用 容量 マルチ
ドメイン
無料SSL 備考
エントリー 90円 926円 10GB 10 × MySQLなし
ライト 230円 926円 10GB 50 ×
スタンダード 450円 926円 30GB 200 ×

いずれも無料お試し期間があります。

☆お薦めのポイント

こちらも低コストのサーバーです。低コストを重視するなら良いでしょう。
個人の初心者向けレンタルサーバーとして人気が高いです。

KAGOYA

カゴヤ・ジャパン

運営会社:カゴヤ・ジャパン株式会社

プラン 月額料金 初期費用 容量 マルチ
ドメイン
無料SSL 備考
グレード1 432円 無料 20GB 不明
グレード2 972円 無料 40GB 不明

いずれも無料お試し期間があります。

☆お薦めのポイント

WordPressが標準でインストールされています。Wordpress利用者には便利です。料金も安めです。
サポートサービスも充実していて、電話やメールによるサポートが365日受けられるので、はじめてレンタルサーバーを利用する方でも安心です。
グレード1からグレード7まであり、サイトの規模やアクセス状況等に合わせて、コントロールパネルから必要な容量に応じたプランへ簡単にグレードアップができるので、月額432円からのスタートするとよいでしょう。

エックスサーバー

エックスサーバー

運営会社:エックスサーバー株式会社

プラン 月額料金 初期費用 容量 マルチ
ドメイン
無料SSL 備考
x10 900円 3,000円 200GB 無制限
x20 1,800円 3,000円 300GB 無制限 独自ドメイン1つ無料

いずれも無料お試し期間があります。

☆お薦めのポイント

料金は高めですが、高性能なサーバーをお手ごろ価格で利用できるます。必要機能が標準装備されていて余計なオプション料金がかからないので、コストパフォーマンスは非常に良いといえます。サーバー稼働率99.99%以上で安定しています。
運用サイト数は150万件を突破しており、人気の度合いが伺われます。操作性を重視した簡単操作のサーバー管理ツールが備わっています。さらに、ユーザのデータ消失を防ぐ、自動バックアップ機能を標準提供しています。

他社サーバーのWordPress を最短5分で移行できる「WordPress 簡単移行」機能(ベータ版)があります。

キャンペーン期間中(2018/11/16~12/20)に新規にサーバーを契約すると、独自ドメイン1つ無料で取得できます。(x20の独自ドメインとは別で、全コース対象) このドメインはサーバー利用期間中は、毎年の更新料も無料です。

ConoHa WING

ConoHa WING

運営会社:GMOインターネット株式会社

プラン 月額料金 初期費用 容量 マルチ
ドメイン
無料SSL 備考
ベーシック 1,200円 無料 200GB 無制限
スタンダード 2,400円 無料 300GB 無制限

☆お薦めのポイント

国内レンタルサーバーサービスの中でWebサーバー処理速度を調査したところ、ConoHa WINGの処理速度が最も速く、2位に約2倍の差をつけて第1位という結果となりました。ストレスのない高速なサーバー環境がほしい方にお薦めです。
サーバー上のデータを毎日自動でバックアップします。万が一消失してしまっても過去14日分のデータから復旧可能です。安全性でも優れています。
ディスク容量も多いので、本格的なWevサイト運営者向けです。

独自ドメインの取得

レンタルサーバーと契約してWebサイトを作ると、初期ドメインが作成されます。これでもインターネット上で見れるようになりますが、ドメインの中にサーバー名が表示されますので、通常はこのままでは使いません。独自ドメイン(有料)を取得して初期ドメインと入れ替えます。独自ドメインならば、Webサイトにふさわしい好みの名前を付けることができます。ただし、すでに存在する名前は使えませんから、必ずしも自分の思い通りの名前が使えるとは限りません。早い者勝ちです。

独自ドメインは、紹介した有料レンタルサーバーからも取得できます。しかし、次に紹介するサイトでは、レンタルサーバーから取得するよりも安い料金で取得できます。

お名前.com

価格は毎日変わります。例えば今表示されているのは、.jp が980円 .net が699円です。.work などは1円で取得できます。

SSLサーバー証明書の取得

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコルです。個人情報やクレジットカード情報などの重要データがある場合、暗号化して、ユーザのPCとサーバ間で安全に通信を行う必要があります。

SSLのサイトであるかそうでないかは、URLの違いで確認することができます。通常のサイトのURLは、http:// から始まりますが、SSLのサイトは、https:// から始まります。

Google では、2018年7月から、Google Chrome でSSL化されていないサイトのURLの頭に、「保護されていない通信」という表示をするようになりました。SEO上も不利になります。これが表示されないようにするには、サイトをSSLにする必要があります。

有料レンタルサーバーのほとんどが無料SSL設定できます。サーバーのコントロールパネルから申請すれば誰でもSSLにすることができます。Let’s Encrypt という無料のSSLを使用しています。個人のHPやブログならこれで十分ですが、ネットショップなどのサイトを運営するには不十分です。本格的に有料のSSLにすべきです。

無料SSLと有料SSLのどちらも、データの暗号化は同じです。有料SSLは、さらにこのサイトが、なりすましなどででない安全なサイトであることを証明しているのです。ですからユーザは安心して買い物ができるのです。

有料SSLでは、実際には Symantec、GeoTrust、GlobalSign  といった認証機関が厳格な審査で、企業・組織などの実在性を確認した後、サーバー証明書を発行しています。

ネットショップなどを運営するには、本格的な有料SSLを設定しましょう。下記サイトでは、Symantec、GeoTrust のSSL証明書を格安で提供しています。

シマンテック・ジオトラストSSLサーバー証明書

12 total views, 1 views today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする